ABOUT

My name is Kira and I’m a half-Japanese filmmaker and illustrator from New York, currently based in Nara, Japan. I’m a graduate of New York University’s Tisch School of the Arts, where I majored in Film & Television.

Most recently, I wrote, co-directed, and animated Mizuko: a short documentary that won a pitching competition for Tribeca Institute’s If/Then Shorts Program. It will be screened in competition at IDFA for its world premiere this November. This year I was chosen as one of the 2019 fellows of the Sundance Ignite Program, and I’m also a member of the Brooklyn Filmmakers Collective.

I have experience directing shooting, and editing my own documentary work in the US, as well as Cuba, South Africa, Nepal, and Japan. I’m particularly interested in experimental and animated documentaries that focus on growing empathy in overlooked places.

 

日本語

こんにちは!25歳の フィルム監督と イラストレーターです。 出身はニューヨークです。父はアメリカ人で母親は日本人。今は奈良県の川上村に住んでいます。

ニューヨーク大学芸術学科卒業。フィルム・テレビ部門。卒業後、『ヒューマンズ オブ ニューヨーク』エミー賞を受賞したシリーズの アソシエイトプロデューサーでした。今は 2019年 Sundance Institute の Ignite フェローシップ プログラムに 履いています。今年、Tribeca Institute支援を受けて、『水子(Water Child)』 という短い実験ドキュメンタリーを完成させました。件名は 日本の仏教の関係、水子供養です。

分のドキュメンタリー作品を撮影、監督、編集する国際的な経験は、アメリカ、キューバ、南アフリカ、ネパール、と日本。

 
Robelo_KAA034 copy.jpg